稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

奈良壷阪寺(つぼさかでら)(南法華寺)に癒される

国内癒しスポット

奈良壷阪寺(つぼさかでら)(南法華寺)に癒される
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

奈良壷阪寺(ならつぼさかでら)の魅力を探る

ここ奈良壷阪寺(つぼさかでら)は、西国33カ所の6番札所に当たり、『壺阪霊験記』(つぼさかれいげんき)の舞台として知られております。

その為に全国各地から多くの参拝者が訪れます。

奈良時代の創建とされ、町内でも屈指の古刹です。
平安時代の随筆・『枕草子』(まくらのそうし)の中でも作者の清少納言(せいしょうなごん)は、「寺は、壺阪、笠置、法輪」として、壷阪寺(つぼさかでら)を第一に挙げております。

西国6番目の札所であり、『壺阪霊験記』(つぼさかれいげんき)の舞台としても有名です。
なお、三重塔と、礼堂は、国の重要文化財に指定されております。


ここ壷阪寺(つぼさかでら)は、真言宗豊山派の寺院です。御本尊は十一面観世音菩薩(じゅういちめんかんぜおんぼさつ)です。

起源としては、壺阪山に庵を結んでいた、弁基上人(べんきしょうにん)と云う方が、水晶で出来た壺を大切にしていたところ、703年にその壺の中に千手観音像(せんしゅかんのんぞう)を感得(かんとく)したと云います。

その後、弁基上人は、その千手観音像(せんしゅかんのんぞう)を刻み、完成した像を庵に安置したと云われております。

これが壷阪寺(つぼさかでら)の起源と云われております。

当時の元正天王がこれを知るところとなり、717年に八角殿を立てて、ここに壺と、千手観音像を安置して南法華寺(みなみほっけじ)の法名を与えました。

最盛期の南法華寺(みなみほっけじ)は、平安時代にその時を迎え、36堂60坊の大伽藍が造営されていたと云われております。

その後に数度の火災に遭い、ほとんどの建物は焼失しております。

現在の建物は、室町時代に再建されたものが基本となっております。

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

タグ

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!