世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

鎌倉補陀洛寺(ふだらくじ)に癒される

国内癒しスポット

鎌倉補陀洛寺(ふだらくじ)に癒される
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

鎌倉補陀洛寺(ふだらくじ)の魅力を探る

ここ補陀洛寺(ふだらくじ)は、かつては七堂伽藍の並ぶ大きな寺院でした。

火災、竜巻を始めとする、天変地異に度々襲われて現在は、現在は、本堂と、庫裏(寺院の僧が居住する建物)だけが残されております。
従って、寺の歴史などは不明なことが多いと云われております。

補陀洛寺(ふだらくじ)は、そもそも1181年に鎌倉幕府初代将軍・源頼朝がここを祈願所(きがんじょー特に人々が神仏に願い事を行うための寺社)として創設したのがその起源です。

この寺院を開創した僧つまり開山は、頼朝と親交が深かったと云われる真言宗の僧・文覚(もんがく)です。

ここ補陀洛寺(ふだらくじ)の歴史については不明なことが多くありますが、貴重な彫刻などの文化財は数多く残されております。

彫刻以外には、文覚が書いたと云われている頼朝の位牌や頼朝が自ら製作したと云う頼朝の像、平家が滅亡の際に総大将であった平清盛の三男・平の宗盛(たいらのむねもり)が最後まで持っていたという「平家の赤旗」などが残されております。

北鎌倉にある駆け込み寺として有名な東慶寺の梵鐘(ぼんしょうー釣り鐘)は、元は、ここ補陀洛寺(ふだらくじ)にあったと云われております

これらの文化財を拝観するには予約が必要です。



補陀洛寺(ふだらくじ)の見所

《本堂》

数多くの自然災害を始めとする災厄に遭いながら耐えてきた補陀洛寺(ふだらくじ)の本堂ですが、遂に1923年の関東大震災で全壊してしまいました。
現在の本堂は、その後に再建されたものです。

この本堂の中には貴重な文化財が数多く置かれております。

本尊の十一面観音菩薩(じゅういちめんかんのんぼさつ)は、鎌倉三十三観音霊場巡りの第十七番とされております。

その他にも不動明王(ふどうみょうおう)・薬師如来(やくしにょらい)・開山である文覚上人が自ら彫ったと云う文覚上人裸形像(もんがくしょうにんらけいぞう)などが安置されております。

《サルスベリ》

8月上旬から9月上旬にかけて、本堂前にある樹齢150年になると云う巨木のサルスベリがピンクの花をつけます。
サルスベリは、花の時期が長く暫く楽しめます。

補陀洛寺(ふだらくじ)は、神奈川県鎌倉市材木座に所在する真言宗大覚寺派の寺院。山号は南向山。創建は養和元年(1181年)で、開山は文覚上人。開基は源頼朝。本尊は十一面観音菩薩。たびたび竜巻に襲われているため、別名「竜巻寺」とも[1]。鎌倉三十三観音霊場第17番札所。

出典 http://ja.wikipedia.org

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

タグ

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ