憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

達磨さんとの出逢いを求めて・奈良達磨寺(だるまでら)に癒される

国内癒しスポット

達磨さんとの出逢いを求めて・奈良達磨寺(だるまでら)に癒される
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

奈良達磨寺(だるまでら)の魅力を

ここ達磨寺(だるまでら)は臨済宗南禅寺派(りんざいしゅうなんぜんじは)の寺院です。

達磨時の起源は次のような「日本書紀」の伝承によります。

『613年12月、聖徳太子が道の畔に伏せっていた飢え人を見つけて、飲み物と食べ物それに、衣服を与えて助けました。

しかし、その人は亡くなってしまいます。そのこと大いに悲しんだ聖徳太子は、飢え人の墓を作って手厚く葬りました。

数日後に墓を確認してみると、埋葬したはずの飢え人の遺体が消えてなくなっておりました。』

この飢え人が、実は、達磨大師の化身と考えられるようになり、この達磨寺が生まれたと云います。

このように聖徳太子と、達磨大師との出逢いから始まった達磨寺には、今も本堂の下に、達磨寺3号墳と呼ばれる古墳時代後期の円墳があります。

この円墳が、聖徳太子が、飢え人つまり達磨大師のために造った、墓とされております。

鎌倉時代になると、その墓の上にお堂が建てられて、本尊として、堂内に聖徳太子像と、達磨大師像が安置されるようになりました。


ここ達磨時(だるまじ)は、奈良県北葛城郡王寺町(ならけんきたかつらぎぐんおうじちょう)にあります。

山号は、片岡山」。

前段にも書かせて頂いたように、ここ王寺町の達磨寺(だるまじ)は聖徳太子(しょうとくたいし)と、達磨大師にまつわる伝説のある臨済宗南禅寺派の禅宗寺院です。

達磨大師の御廟(ごびょう)と伝わる円墳(えんぷん)の上に達磨寺の本堂が建っております。

聖徳太子(しょうとくたいし)の愛犬と云われている雪丸の石像や戦国武将・松永久秀(まつながひさひで)の墓などもあり、三度こr満載の寺院です。

本堂には、三尊像形式で聖徳太子坐像(しょうとくたいしざぞう)・千手観音坐像(せんしゅかんのんざぞう)・達磨大師坐像(だるまだいしざぞう)の三体の坐像が安置されており、他では見られない素晴らしさです。

重要文化財[編集]
•絹本着色涅槃図
•木造聖徳太子坐像 - 建治3年(1277年)作。
•木造達磨坐像 - 永享2年(1430年)作。水墨画家として著名な周文が彩色を担当している。
•達磨寺中興記石幢 附:石碑(嘉吉2年(1442年)銘)、青磁香炉、大甕2口

本堂背後に立つ高さ185cmの八角石柱。文安5年(1448年)建立。各面に達磨寺の由緒が刻まれている。附指定の3点は平成12年(2000年)に本堂改築工事に伴い石幢を移動した際、地下から検出されたもの。

奈良県指定文化財[編集]
•方丈 - 寛文7年(1667年)建。

出典 http://ja.wikipedia.org

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

タグ

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ