5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

奈良立里荒神社(たてりこうじんじゃ)に癒される

国内癒しスポット

奈良立里荒神社(たてりこうじんじゃ)に癒される
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

奈良立里荒神社(たてりこうじんじゃ)の魅力を探る

ここ立里荒神社(たてりこうじんじゃ)は、荒神岳の頂上にあります。

荒神社は弘法大師空海が、高野山を開山するにあたり、勧請(かんじょう)したとされる神社です。

三宝大荒神の一つとして、全国から多くの参拝客が訪れます。

ここは、雲海景勝地であり、雲海から昇る日のでは、筆舌に代えがたいものがあります。

立里荒神社(たてりこうじんじゃ)は、奈良県吉野郡野迫川村にあります。

奈良県桜井市の笠山荒神・兵庫県宝塚市の清荒神と並んで、日本三大荒神の一つと云われております。

立里荒神(たてりこうじんじゃ)は、海抜1260メートルの荒神岳北の峯山頂にあります。ここは、三宝荒神とも云い、火の神・竈の神として、全国から参詣の人々が集まります。

昔より特に火を使う人々の信仰を集めました。

嵯峨天皇の816年、弘法大師空海(こうぼうだいしくうかい)が和歌山県の高野山に大伽藍を建立するにあたり、伽藍の繁栄・密教の守護を願い、一枚の板に三宝荒神の像を描いてこれを本尊とし、17日間これを祈り続けて勧請し、その結果高野山の伽藍建立が出来上がったとされております。

このことがあってから、ここ荒神社は、高野山と結ぶ神仏習合の宮として、明治の初年までは、宝積院と呼ばれておりました。

明治に入り、廃仏毀釈により宝積院を廃して、仏体などは、移転して、荒神社と改名して、今日に至っております。

ここ立里荒神(たてりこうじんじゃ)には、宿泊施設や食堂が用意されています。山奥の神社であるにもかかわらず、このような設備があるということは、いかに参拝者が多いかということを、意味していると思われます。

このあたりは、気候条件によっては、見事な雲海を観ることが出来ます。その雲海を観ることを目的で訪れる参拝者もいるようです。

アクセス[編集]
•自家用車では、高野山から高野龍神スカイライン(国道371号線)経由で、スカイライン分岐より約6km。
•公共交通利用の場合:なんば、新今宮、天下茶屋などより南海高野線で高野山駅下車の後、南海りんかんバスで約40分の立里荒神前停留所下車[1]。高野山駅 - 立里荒神前間を完全予約制の急行バスが運行している[6]。

出典 http://ja.wikipedia.org

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

タグ

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう