誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

箱根公時神社(きんときじんじゃ)に癒される

国内癒しスポット

箱根公時神社(きんときじんじゃ)に癒される
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

箱根公時神社(きんときじんじゃ)の魅力を探る

「鉞(まさかり)かついだ金太郎 熊にまたがりお馬の稽古~」と歌われた金太郎。

ここ公時神社(こんときじんじゃ)の祭神である坂田金時(さかたきんとき)の幼名が金太郎ということになります。

金時山で幼少の頃を送ったと云われる坂田金時は、21歳の時に源頼朝(みなもとのよりとも)の祖先にあたる源頼光(みなもとのよりみつ)に仕えて、鬼の頭である酒呑童子(しゅてんどうじ)という鬼を退治したと伝承されております。

その活躍が、浄瑠璃や歌舞伎を通じ「怪力童子」というイメージで庶民に広がり、1900年に、ご紹介した童謡が出来ました。

ここ公時神社(きんときじんじゃ)は、坂田金時を祭神として祀る神社です。

金太郎のモデルになったとされる、平安時代の後期の武士・坂田金時(さかたきんとき)は、源頼光(みなもとのよりみつ)に仕え、四天王の一人に数えられました。

毎年、子供の日には、「金時祭り」が行われ、国選択無形民俗文化財(くにせんたくむけいみんぞくぶんかざい)に指定されている「湯立獅子舞」が披露されます。

坂田金時(さかたきんとき)は、平安時代の武将で強健で武勇に優れた武将であった為に、子供の健康の神様として崇められております。

1900年には、童謡・金太郎が誕生しております。

境内の脇の所には金時山への登山道があり、山頂までは、約3㌔、約一時間ニ十分で山頂に着くことが出来ます。

鉞(まさかり)が置かれた「金時神社奥の院」や、金太郎が母と暮らしたという「宿り石」などを観ることが出来ます。

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

タグ

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう