5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

奈良春日大社(かすがたいしゃ)に癒される

国内癒しスポット

奈良春日大社(かすがたいしゃ)に癒される
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

奈良春日大社(かすがたいしゃ)の魅力を探る

世界遺産(せかいいさん)「古都奈良の文化財」(ことならのぶんかざい)の8資産群のうちの一つです。

大化の改新で中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)を助けた中臣鎌足(なかとみのかまたりー後の藤原鎌足(ふじわらのかまたり)の息子・藤原不比等(ひじわらのふひと)が、奈良の平城京(へいじょうきょう)に遷都(せんとー都を移すこと)の際に、藤原氏の宇治神を祀ったのが始まりと云われております。

このような経緯から、平安時代には、貴族や皇族の春日大社(かすがたいしゃ)詣でが盛んに行われました。

中世以降になると、この風習は、庶民にも広がっていきます。

その証拠と云うか、春日大社(かすがたいしゃ)の境内にある様々な形の釣燈篭・石燈籠の多くは、庶民の寄贈によるものです。

毎年2月と8月には、全ての燈篭に明かりを灯す「万燈篭」の行事が行われ、幻想的な雰囲気に覆われます。


ここ春日大社(かすがたいしゃ)は、日本全国にある春日大社の総本社です。

春日大社(かすがたいしゃ)の創建については、768年に藤原氏の氏神である武甕槌命と牧岡神社の天児屋根命・比売神を合わせて、御蓋山の麓に四つの社殿を造ったのを起源とすると、社伝には書かれております。

奈良公園には多くの鹿がおりますが、鹿は、ここでは、春日大社(かすがたいしゃ)からの神使扱いであり、大切にされております。

その鹿に載って武甕槌命が御蓋山に降臨したという伝説が残っております。ここから、鹿は、神の使いとされることになりました。

春日大社(かすがたいしゃ)の春日祭(かすがまつり)・加茂神社(かみじんじゃ)の葵祭(あおいまつり)・石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)の岩清水祭(いわしみずまつり)は、三勅祭(さんちょくまつり)とされておりました。

春日大社(かすがたいしゃ)は、中臣氏(のちの藤原氏)の氏神を祀るために768年に創設された奈良県奈良市にある神社。旧称は春日神社。式内社(名神大社)、二十二社(上七社)の一社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。神紋は「下がり藤」。

全国に約1000社ある春日神社の総本社である。武甕槌命が白鹿に乗ってきたとされることから、鹿を神使とする。ユネスコの世界遺産に「古都奈良の文化財」の1つとして登録されている。

出典 http://ja.wikipedia.org

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

タグ

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。