稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

鎌倉来迎寺(らいこうじ)に癒される

国内癒しスポット

鎌倉来迎寺(らいこうじ)に癒される
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

鎌倉来迎寺(らいこうじ)の魅力を探る

鎌倉幕府初代将軍・源頼朝が伊豆に流され、その後成人して、以仁王(もちひとおおー後白河上皇の三男)の親書により平家打倒の為に挙兵をした時、一族郎党を連れて、頼朝の所に馳せ参じたのが相模の国三浦軍の城主・三浦義明(みうらよしあき)でした。

頼朝は、三浦義明が平家との戦いで討ち死にした後もその恩義を忘れず、三浦義明の菩提を弔うためにここ来迎寺(らいこうじ)を創建したと云われております。

開山は、真言宗(弘法大師空海を開祖とする仏教の宗派)の僧・音阿(おんあ)です。1194年に創建されました。創建当時は能蔵じと云う名前でした。

1335年、音阿が時宗に改宗したために能蔵字は改宗・改名して今の来迎寺(らいこうじ)となりました。

来迎寺(らいこうじ)の本堂には運慶作と云われる本尊の阿弥陀三尊が安置されており、その他には祈願すると知恵がつくと云われている「子育て観音」が安置されております。

来迎寺(らいこうじ)創設の歴史からして境内には三浦一族の墓があります。

来迎寺(らいこうじ)の見所

《三浦義明・多々良重春の墓》

衣笠城城主・三浦義明は、平家打倒の為に挙兵したばかりの源頼朝を支えた忠臣です。
義明は平家方の武将・畠山重忠(はたけやましげただ)と衣笠城で戦い討ち死にをして居ります。

また、義明の孫の多々良重春も畠山重忠と来迎寺(らいこうじ)の付近で戦いこれも17歳の若さで討ち死にしております。

本堂の脇には二人を供養するための五輪塔が建てられております。向かって右のものが義明の五輪塔で、左のものが重春のものです。

また、本堂の裏には、三浦家家臣のものとみられる五輪塔が100基あまり並べられております。


《サルスベリ》

ここ来迎寺(らいこうじ)の境内にも、補陀洛寺(ふだらくじ)の境内にあるサルスベリとおなじサルスベリがあります。

本堂の裏にある三浦家家臣の墓の横に植えられております。8月上旬から9月上旬にかけて夏の長い期間ピンクの花が心を和ませてくれます。
満開になると、まるで墓を覆うように咲き乱れます。

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

タグ

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。