世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)に癒される

国内癒しスポット

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)に癒される
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)の魅力を探る

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)は、熊野三山(くまのさんざん)の一つです。家都美御子大神(けつみみこのおおかみ)・熊野坐大神(くまぬにますおおかみ)・熊野加武呂乃命(くまぬかむろのみこと)を主祭神と致します。

ここ熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)は、全国にある熊野神社の総本宮にあたるのが熊野三山(熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)・熊野速玉大社(こまのはやたまたいしゃ)・熊野那智大社(くまのなちたいしゃ))のなかでのとりわけ古式ゆかしい雰囲気を持っているのが、ここ熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)です。

門をくぐると、左手の社殿が牟須美(むすみ)・速玉(はやたま)の両神。中央は、主神の家津美御子神(けつみみこのかみ)。

そして、右手に祀られているのが天照大神(あまてらすおおみかみ)です。

かつては、ここ熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)は、熊野川・音無川・岩田川の合流点にある「
大斎原」(おおゆのはら)と呼ばれる中州にありました。しかし、明治22年の洪水で多くが流出してしまい、残された社を移築したものです。

ここ熊野は、古の昔から、遡れば神代の昔から、多くの人々の篤い信仰に支えられてきました。

『伊勢ヘ七度・熊野へ三度』という言い伝えがあるように、庶民と一体の所もあるくらいでした。

ここ熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)の場所に神が祀られたのは、今からおよそ2000年前、第10代天皇・崇神天皇(すじんてんのう)の時代と云われております。

熊野詣が庶民の間で、盛んに行われたのは、平安時代の中期から鎌倉時代にかけての頃と云われております。

907年の宇多法皇以来、法皇・上皇の行幸も盛んで、白河上皇の9度・鳥羽上皇の21度・後白河上皇の31度・後鳥羽上皇の28度と驚くくらい何度も足を運ばれております。

しかし、1281年の3月の亀山上皇の行幸をもって法皇・上皇の行幸は終わりを告げております。

江戸時代に入ると1619年、紀州藩主の徳川頼信(とくがわよりのぶ)が、熊野三山の復興に力を尽くしたことにより、再び「蟻の熊野詣」が最盛期を迎えることになります。

身分や階級を問わず、多くの人々が救いを求め、甦りを願って、山深いこの地を目指しました。

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)は和歌山県田辺市本宮町本宮にある神社。熊野三山の一つ。家都美御子大神(けつみみこのおおかみ、熊野坐大神〈くまぬにますおおかみ〉、熊野加武呂乃命〈くまぬかむろのみこと〉とも)を主祭神とする

出典 http://ja.wikipedia.org

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

タグ

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!