藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

鎌倉薬王寺(やくおうじ)に癒される

国内癒しスポット

鎌倉薬王寺(やくおうじ)に癒される
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

鎌倉薬王寺(やくおうじ)の魅力を探る

ここ薬王寺(やくおうじ)は、徳川三代将軍・徳川家光 (とくがわいえみつ)の弟・徳川忠長(とくがわただなが)の供養塔が建てられており、また、寺紋には徳川家の家紋である三つ葉葵(みつばあおい)の紋が用いられております。

このことからも、この薬王寺(やくおうじ)の徳川家とのゆかりの深さを想像することが出来ます。

このようなことからここ薬王寺(やくおうじ)では、一般庶民の葬儀は全くできない格式の高さを誇っておりました。

元々、この薬王寺は、真言宗の夜光寺と云う寺院でした。
それを1293年に日蓮の弟子の日像により日蓮宗に改宗されて今日に至っております。

一時は、明治時代の廃仏毀釈(はいぶつきしゃくー仏教寺院・仏像・経典などを廃棄し、僧が受けていた特権などを廃止すること)で荒廃いたします。

その後20年をかけて再興されました。

現在ある本堂には日蓮宗の寺院らしく1834年に徳川幕府第11代将軍・徳川家斉(とくがわいえなり)4の命により造られた日蓮大聖人坐像が安置されております。
なお、この坐像には実物の袈裟や法衣が着せられております。



薬王寺の見所

《桜》

1834年に徳川幕府第11代将軍・徳川家斉(とくがわいえなり)の命により造られた本堂に安置されている自治物の袈裟と法衣を纏った日蓮大聖人坐像(にちれんだいしょうにんざぞう)の他には、参道の美しい花のトンネルが見所の一つになっております。

3月下旬から4月上旬になると、参道の坂道一杯に、まるで坂道を覆い隠すかのようにソメイヨシノの桜並木が満開の花をつけます。

あたかもそれは、花のトンネルかのように観えます。

本堂裏手の小高くなっている場所には、こちらは、ソメイヨシノではなく枝垂桜(シダレザクラ)が満開の花を咲かせます。

概要[編集]

かつては、梅嶺山夜光寺と称し、真言宗の寺院であった。1293年(永仁元年)日蓮の弟子日像により、日蓮宗に改宗した。寛永年間(1624年-1645年)、徳川忠長室松孝院の援助で不受不施派の僧日達が再建し、大乗山薬王寺と改称した[1]。1720年(享保5年)の火災で、五重塔(徳川忠長供養塔)など諸堂を焼失する。1842年(天保13年)天保の改革にて廃寺となった感応寺の祖師像を移設する。

旧本寺は広島国前寺。潮師法縁。

出典 http://ja.wikipedia.org

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

タグ

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法