5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)に癒される

国内癒しスポット

熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)に癒される
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)の魅力を探る

ここ熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)は、那智山の中腹に位置いたします。

那智大滝(那智の滝)に対する原始の自然崇拝をを起源と致します。

熊野三山の一つとして、熊野十二所権現を祀りますが、ここ熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)は、那智大滝を神格化した「飛瀧権現」を加えて、十三所権現とも呼ばれております。

ここ熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)の社殿は、熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)や熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)の社殿のように横一列には並ばずに、三所権現を始めとする、主要五社殿と八社殿及び御県彦社が矩折して配置されております。

ここ熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)は、2004年7月、ユネスコ世界文化遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として登録されております。

熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)は、西国33カ所第一番札所の那智山青岸渡寺とともに、熊野信仰の中心地として栄え、古来より多くの参詣者が詣でております。

そして、人々の信仰は、当然今でも続き、今なお多くの参詣者が毎年、ここ熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)を訪れております。

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)・熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)とともにここ熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)は、熊野三山を構成しております。

467段にも及ぶ熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)の石段の上には、6棟からなる社殿があります。

伊弉冉尊(いざなみのみこと)とも呼ばれる夫須美の神(ふすみのかみ)を御主神として、6棟からなる社殿には、それぞれに神様が祀られております。

この社殿の歴史は栄枯盛衰の歴史となっております。

仁徳天皇(にんとくてんのう)の時代に(317年)現在の場所に創建され、その後、平重盛(たいらのしげもり)が造営奉行となってから、大社は装いを改め、やがて、戦国時代になると織田信長の焼き討ちに合うことになります。

そして、それを豊臣秀吉が再興いたします。

その後は、更に江戸時代になると、徳川幕府第8代将軍・徳川吉宗(とくがわよしむね)の力で享保の大修繕が行われております。

行事[編集]





那智大社の牛王符(烏牛王)
例大祭[編集]

「扇祭」および「那智の田楽」を参照

牛王符にまつわる行事[編集]

この他の神事としては熊野牛王符(牛王宝印、烏牛王)の刷り初めにまつわるものが正月に行われる。1月1日には午前3時に那智の滝の奥の「秘所の水」を若水として汲み、1月2日にその水で烏牛王神璽摺初め式を行う。1月8日には滝つぼの前の飛瀧神社での烏牛王神璽祭がある。滝の前に設定した祭壇に刷り上った牛王符を積み上げ、神職が柳の枝で打板といわれる樫の板を激しく打ち、邪気をはらう。牛王符は社務所で配布される[3]。

出典 http://ja.wikipedia.org

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

タグ

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法