藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

鎌倉光明寺(こうみょうじ)に癒される

国内癒しスポット

鎌倉光明寺(こうみょうじ)に癒される
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

鎌倉光明寺(こうみょうじ)の魅力を探る

光明寺は、建長寺・円覚寺・遊行寺と共に鎌倉四大寺(湘南四大寺)にも数えられる非常に格式の高い浄土宗の大本山です。

ここ光明寺は、毎年10月に行われる「十夜法要」の発祥の地でもあります。


鎌倉幕府第四代執権・北条経時(ほうじょうつねとき)が、強度宗の高僧然阿良忠(ねんありょうちゅう)を開山に創建した寺院です。


光明寺は、鎌倉有数の大伽藍を誇る大寺院です。

大寺院だけに多くの文化財を擁し、文化財だけでも見所満載の寺院です。

それに加えて、自然も豊かで、名庭園や四季折々の花々、絶景を見渡せるポイント、などの魅力溢れる最所が数多くあります。

光明寺は、浄土宗の大本山です。鎌倉四大寺の一つであります。

そのためか、壮大な山門や本堂に三尊五祖の石庭(さんそんごそのせきてい)や、小堀遠州(こぼりえんしゅうー大名・茶人・作庭家)の記主庭園(きしゅていえん)と云った名園、更には、「かながわの景勝50選」の天照山(てんしょうざん)からの景色など、さすがと思わせるポイントが数多くあります。

四季折々の花々については、桜やハス、サツキについては名所でもあります。

また、動物霊堂がある為か人に慣れた猫が数多く境内にはおります。そのためか「猫寺」の異名もあります。

毎年10月12日から15日に行われる十夜法要では境内に屋台が出て多くの人で賑わいます。

光明寺の見所

《三尊五祖の石庭》(さんぞんごそのせきてい)

三尊五祖とは、阿弥陀三尊(あみださんぞんー中央に阿弥陀如来、左右に菩薩を置く仏像の安置形式)と浄土五祖を表しております。

この庭園は、枯山水庭園(かれさんすいていえんー水を使わずに石と砂で山水を表現する庭園の形式)です。

庭園内の石は、三尊五祖を表し、全体の構図は、此岸と彼岸(しがんとひがんー煩悩の多いこの世と、仏の理想の世界)を表現しております。

《記主庭園》

記主とは、光明寺の開山・然阿良忠(ねんありょうちゅう)のことです。
開山の名前がついているこの庭は、名庭師の小堀遠州(こぼりえんしゅうー大名・茶人・作庭家)の作と云われております。

この庭は、本堂から回廊を左回りに進んだところにあります。

夏になると約2000年前の種から発芽したと云われる「古代ハス」が咲き誇ります。幻想的な蓮の花に囲まれた雰囲気は、独特なものがあります。

なお、庭園の奥には、宗祖・法然の800年大御忌(だいぎょきー開祖の命日に行われる法会)に向けて建てられた「大聖閣」(たいしょうかく)があります。

三尊とは、極楽浄土の仏・阿弥陀如来(あみだにょらい)、慈悲の仏・観音菩薩、智恵の仏・勢至菩薩を指しております。

五祖とは、浄土教を説法流布した五大祖師のことです。具体的には仏教の始祖・釈迦、中国浄土教の僧・善導、浄土宗の宗祖・法然、浄土宗第二祖・鎮西(ちんぜい)、光明寺開山・然阿良忠(ねんありょうちゅう)を指しております。

歴史[編集]

寺伝によれば、開基は北条経時、開山は浄土宗三祖然阿良忠であり、仁治元年(1240年)佐助ヶ谷に開創した蓮華寺を起源とし、寛元元年(1243年)現在地に移築し光明寺と改称したとされるが、『然阿上人伝』は鎌倉入を正元元年(1259年)としており、疑問視されている[1][注釈 1]。

13世紀〜14世紀にかけての歴史はあまり定かでないが、室町時代には中興開山とされる祐崇上人(ゆうそうしょうにん、?-1509)によって復興された。明応4年(1495年)には後土御門天皇より勅願寺に定められている。

近世には、浄土宗の関東十八檀林の第一位の寺として栄えた

出典 http://ja.wikipedia.org

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

タグ

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう