稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

奈良弥勒寺(みろくじ)に癒される

国内癒しスポット

奈良弥勒寺(みろくじ)に癒される
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

奈良弥勒寺(みろくじ)の魅力を探る

ここ弥勒寺(みろくじ)は、奈良県大和高田市にある人にはあまり知られてはいないお寺でした。

その、一時期までは荒れ果てていた弥勒寺(みろくじ)で多くの奇跡が起こり、いつの間にかお堂は綺麗になり、人が集まる様になりました。

そして、荒れ果てていた頃は、無名であったここ弥勒寺(みろくじ)の仏様(弥勒菩薩坐像)(みろくぼさつざぞう)が、奈良県の文化財から国の重要文化財となりました。

長年に渡り埋もれていた御本尊様が人々の信念や真心で蘇ったとされております。

ここ弥勒寺(みろくじ)は、奈良県大和高田市(ならけんやまとたかだし)にあります。
弥勒寺(みろくじ)の起源は、このあたりの地侍の土庫(どんこ)氏の氏寺として、天文年間(1532年~1554年)に創建されたと、寺史には記されております。

現在の建造物・本堂(ほんどう)・鐘楼(しょうろう)・庫裏(くり)は、江戸時代になって建てられたものです。

なお、本尊の阿弥陀仏坐像(あみだぶつざぞう)は、平成24年9月に国の重要文化財に指定されております。

この本尊の阿弥陀仏坐像(あみだぶつざぞう)は、楠の一木により造られております。
丸顔で穏やかな表情をしており、耳朶(じどー耳)には網目模様が刻まれております。木像の形態としては、如来の一般的な形態ではあります。

しかしながら、耳朶(じだー耳)に網目模様を刻むのは、特異なことです。

また、膝前の衣文線を足首の下に収束させる表現もこの時期の仏像としては珍しいとされております。

これらの特徴は、法隆寺新堂に祀られている重要文化財に指定されている薬師三尊像(やくしさんぞんぞう)の中尊像にも見られます。(この薬師三尊像(やくしさんぞんぞう)は、弥勒寺(みろくじ)の弥勒如来坐像(みろくにょらいざぞう)と、ほぼ同時期の作とみられております)

奈良県には、平安後期の一刀彫の彫像が多数ありますが、ここ弥勒寺(みろくじ)の本尊・弥勒如来坐像(みろくにょらいざぞう)は、脚部も共木で彫り出す手法で作られた、希少な大作として、彫刻史上に稀な仏像とされております。

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]
木造聖観音立像
木造十一面観音立像

その他の文化財[編集]
木造弥勒菩薩坐像(三重県指定有形文化財)
木造薬師如来坐像(三重県指定有形文化財)
木造役行者倚像(名張市指定文化財)

札所[編集]
西国薬師四十九霊場 36番札所
三重四国八十八箇所 56番札所
伊賀四国八十八箇所 番外札所

出典 http://ja.wikipedia.org

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

タグ

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう